貸金業法の改正

貸金業法の改正

平成18年にキャッシングに関する法律が改正されたことをご存知でしょうか。
貸金業法という法律ですが、この貸金業法に総量規制という規制が加わりました。
この総量規制が施行されたため、どのような人でも年収の3分の1までしかお金を借りることができなくなりました。
このため、消費者金融などでキャッシングを申し込んだとしても、年収の3分の1以下でないと借りることができません。
また、借入金額が100万円を超える場合、収入証明書の提出も義務づけられることになりました。
たとえば、収入がなかったり、収入があっても証明できない場合では、消費者金融などでお金を借りることができません。
収入証明書は、源泉徴収票や確定申告書など大丈夫です。
ただ、これは消費者金融などに限ったことです。
貸金業法が消費者金融を対象とした法律であるため、他の金融機関に影響はありません。
そのため、銀行などは、総量規制の対象外となっています。
総量規制以上のキャッシングをしたいという場合は、銀行に申込むという方法もあります。
ただ、どちらの場合でも審査がありますから、どのような方でもこの審査を通過しなければお金を借りることができないのはどちらも同じです。